Loading Video...
Hide Video

牧之原市の防災まちづくり

Play Video

牧の原市の防災まちづくりをまとめた動画。

2014年だったと思うんだけど、知り合いに進められて、牧之原市の市民協働の取り組みを知るために、牧之原市で行われたイベントに参加したんですね。

そこで知った、牧之原市のまちづくりがあまりにもすごかったので、その後ライターの甲斐かおりさんにちゃんと取材してもらって、greenz.jpで地方創生とは市民の自立。行政でなく”市民”がまちのことを決める自治の先進地、静岡県牧之原市に学ぶ、これからの地方自治体のあり方として掲載させてもらいました。

ファシリテーターを27(だったかな)ある集落ごとに育てていくところからスタートして防災計画を話し合って決めていった牧之原市。防災計画をそのようにつくっていくこともすごいが、そこから、さまざまなマイプロジェクトが生まれていったというから、興味深い。そんな状況を作れたら最高だな。

それをいすみでもやっていきたい。

市民対話の場としての「いすみ未来百人会議」はその出発点になるかな。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です