Loading Video...
Hide Video

トランジションタウンのドキュメンタリー映画 In Transition 2.0(日本語字幕あり)

Play Video

トランジションタウンについてのドキュメンタリー映画。日本語字幕がある。すばらしい。

今度いすみで上映会をやろうと思っている。

再生はタイトル下のPlay Videoからどうぞ。

Loading Video...
Hide Video

トランジションストリートのはじめかた

Play Video

現代の隣組? トランジションストリートについての動画。

6人/家族一組になり、それぞれの家で合計7回、エネルギー、家、食べ物などのテーマでワークショップを行う。各ワークショップの最後にはなにをするかの宣言をする。各家庭で年平均10万円の支出を削減して、1.2tのCo2排出を削減。でも最大の利点は、隣同士で助け合う仲間になること。

いやー、これはすごい。日本でやっているところはあるかな? いすみでもやりたい。日本語字幕はありませんが。

再生はタイトル下のPlayボタンからどうぞ

Loading Video...
Hide Video

ロブ・ホプキンスがトランジション・トットネスについて語る

Play Video

イギリスの街トットネスでトランジション・タウン・ムーブメントのきっかけをつくったロブ・ホプキンスによるスピーチ。2005年にトランジションを始めたときの空気感が伝わってくる。トランジション・タウンは環境問題を解決しようと思って始めたけれど、コミュニティのつながりが一番の価値だったという言葉が印象的でした。

日本語の字幕がないので、英語の分かる人限定ですが。誰か日本語字幕つけてー!

再生は上のPlayボタンからどうぞ。

人生を取り戻すためのDIY入門

greenz.jpからの転載です。

1本のねじ

2014年秋、僕らは小屋を建てていた。小さく暮らしていこうと決めて購入した75坪の土地に5.5畳のロフト付きの小屋を建てることにしたのだ。秋の長雨が晴れて、気持ちがいい天気の中、SNSで呼びかけた友人や知り合いがたくさん手伝いに来てくれた。その日、ささいだけれども、忘れられない出来事があった。

Continue Reading

最後の木が死に、最後の川が毒され、最後の魚を獲り終えたときに、人はようやくお金は食べられないと気づくのだ

19世紀、クリー族(北米先住民)の言葉

熱意を持った市民が何人か集まれば、世界はかならず変えられる。それ以外の方法で世界が変わった例はない

マーガレット・ミード

世界は、生きていくのには危険な場所だ。それは悪意をもった人々がいるからではなく、 問題に対して、無関心な人が多いからだ。

アルバート・アインシュタイン

人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇である。

チャーリー・チャップリン